2013年06月20日

白花の饗宴

初夏の六甲は、白い花で、埋め尽くされている。


ヤマボウシ

IMG_4392.jpg


コガクウツギ

IMI_1618.jpg


エゴノキ

IMI_1594.jpg


ウツギ

IMI_1592.jpg


運よく、ツクバネウツギが咲き残ってたり

IMG_4542.jpg


大好きな、タンナサワフタギの群落に、迷い込んだり、、

IMG_4564.jpg


大盤振る舞いのエゴノキは、
是非、実も、見に来たいが、暑いやろね。(笑)

IMG_4637.jpg


ノイバラは、雄しべの葯がすぐ、黒ずんでしまうので、
なるだけ早くに、見にこなければ、、

IMG_4642.jpg


ガマズミは、コバノガマズミよりも大ぶりで、ゴージャス。

IMG_4667.jpg


コゴメウツギは、ほんとに小さな花だけど、

IMG_4679.jpg


かたまって咲くと、それなりの主張があって、楽しい。

IMG_4677.jpg


ウツギも群れるから、
部分撮りも、いいけれど、

IMG_4737.jpg


グッと引けば、うぉ〜 って、感じ。

IMG_4832.jpg


タンナサワフタギだって、一つ一つは可憐でも、

IMG_5513.jpg


集団だと、もう、なんのこっちゃ ってふうになる。(笑)

IMG_5495.jpg


あっと目を見張る、ツルアジサイは
その名の如く、ツルになり、大木に絡みついて咲いていて、

IMG_5523.jpg


もう、カメラに収まりきれませーん。
やれやれ、、

IMG_5522.jpg



これもまた、何を撮ったのか???
木に絡まって、ぐんぐん出世し、凄まじいことになっていた。

IMG_5569.jpg


そう、テイカカズラですね。

IMG_4059.jpg


あと、イボタノキも、街道になるし、

IMG_4331.jpg



今年の初夏は、ほんとにたくさんの白花に、癒された。

とりわけ、ヤマボウシの白い苞は、
花が終わっても、長く白さを保ってて、

IMG_4663.jpg


グリーンに舞う白が、本当に美しい、、

IMI_1693.jpg




そうだよ、たとえ負けたって、地球の裏側だって、、


香川のシュートが、リアルタイムで見れたんだもん、、、

IMG_5417.jpg


満足、満足!



あれ? 話、変わった? がく〜(落胆した顔)  (笑)









posted by チー at 11:40| 兵庫 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

バイカツツジ と、バイカウツギ

雨の日が続くようで、

やっと、画像整理をする気になった。(^^ゞ

バイカツツジと、バイカウツギ

どちらもバイカ=梅花、梅の花に似てる、というのが名前の由来

(実際には、似てるかどうか?)

名前は共に似ていても、両者の違いは歴然としている。

バイカツツジ、、、ツツジ科

IMG_5408.jpg

花冠に紅色の斑点がついていて、それが紅い輪っかに見える。

下向きに咲くので、気づかず通り過ぎてしまうこと、多々。(^^ゞ

IMG_5435.jpg






こちらは、バイカウツギ、、ウツギと同じ、ユキノシタ科

IMG_4341.jpg


ウツギが咲き溢れてる↓ その横で、ひっそりと咲いていた。

IMG_5376.jpg


六甲で、バイカウツギを見たの、実は、これが初めて。


昔、家に、これの園芸種 「ヒノマルウツギ」 が、植わってて

洗濯物を干しに出る度、良い匂いを漂わせてたが

うっかり、虫をわかして枯らしてしまった。


久々に見るバイカウツギの花は、あまりに遠くて

匂いまで嗅げなかったけど

見つかっただけでも、バンバンザイ!

IMG_4342.jpg


来年もまた、忘れず見にこよう。(^O^)/







posted by チー at 21:35| 兵庫 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

アマドコロ属

アマドコロ?

それとも、ナルコユリ?

どっちだろうかと、よく迷う。


明るい所に咲いてたらアマドコロ、↓

IMG_2140.jpg



一方、薄暗い林床などに咲いてたら、ナルコユリ ↓

IMG_5440.jpg

このように、咲いてる場所で、見分ける方法がある。

ただ、必ずしもそうではなく、断定はできない。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


本来の、両者の決定的な違いは、「茎」
アマドコロの茎には、「稜」があって、触ってみるとデコボコしている。

IMG_2141.jpg

一方、ナルコユリには「稜」がないので、茎の基部に触れても
ツルンとしている。

IMG_5442.jpg


茎が、デコボコか、ツルンかで見分ける。

触り忘れて、後で画像だけを見て、なんとか見当をつけたり? (^^ゞ





それ以外、

普通、一般的に
葉っぱの下にぶら下がってる、こんな花を見かけたら
たいがいは、ミヤマナルコユリ。


IMI_1647.jpg


上の両者に比べると、なんだかか細く、ひ弱な感じ。

(そう、ワタシみたいに?)

でも、圧倒的にポピュラーだし、数も多い。

IMM_5153.jpg


だから、出会ったら、まず、ミヤマナルコユリだと宣言しても
85%は正解? (笑)


ただ、ここでひとつ、問題点!

さっきの「茎」の話に戻るけど

ミヤマナルコユリは、ナルコユリと名乗りつつも

茎に「稜」があって、デコボコしている。

IMI_1642.jpg

つまり、ナルコユリと名がついても、茎に「稜」がない、とは限らない。


最初っから、整理しますと

1)ナルコユリ⇒稜なし ツルン
2)アマドコロ⇒稜あり カクカク
3)ミヤマナルコユリ⇒稜あり カクカク

え? これで、いいんですよね?


なんだか、書きながら、混乱してきた。 ふらふら  (笑)















posted by チー at 21:44| 兵庫 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

ジガバチソウ

ジガバチソウ

非常に小さい。

IMG_4103.jpg

カメラ泣かせの花である。

IMG_4097.jpg



一輪でも撮りにくいのに、

群生してたら、なお撮りにくい。

IMG_4118.jpg


しかも、まだ、ほとんど蕾、、もうやだ〜(悲しい顔)


これが全部、咲ききったら、どんなだろうと思いつつ
なかなか行く機会がなくて


やっと行けた!

と思ったら、もう、ほとんど花が終わって、萎れて

IMG_5557.jpg


しわくちゃ婆さんみたいに、なっていた。ふらふら

IMG_5554.jpg




ジガバチ、、とは蜂の名前。

今日のように、暑い日々が続くと、大量発生し
地面に穴を掘って、巣を作るのだとか、、

ジ=地?

いえ、漢字で書くと、「似我蜂」

獲物を刺して麻痺させて、巣に運び込んで卵を産みつける。
孵った幼虫は、その獲物を食べて育つ。

穴に引き込まれた獲物が、ジガバチに変身して出てきた。
昔の人は、さぞ、驚いたことだろう。



鳴き声もジガジガ、(笑)

ジガバチが、ジガジガと鳴きながら、

「自分に似た姿で生まれ変われ」と、獲物に呪文をかけている?

そんな、魔女のような蜂が、本当にいるのかと、、、

希少な、ジガバチソウと同様に、

会ってみたいような、、

いや、怖いから、会いたくないような、、(笑)


IMG_4112.jpg





posted by チー at 10:07| 兵庫 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。